増大手術のメリット、デメリット

陰茎トレーニング

陰茎トレーニングとは陰茎増大のためのトレーニングで科学的な方法です。

陰茎は恥骨の上からつながっている筋肉とおしりの方からつながっている筋肉で構成されています。

陰茎トレーニングはこの二つの筋肉を鍛えて陰茎を大きくして硬くしたり太くしたりすることを目的としたトレーニングです。

陰茎トレーニングの具体的な方法は付近だったりスクワットだったり、実際に陰茎を伸ばしたりするトレーニングというものがあります。

上記のようなトレーニングを組み合わせて行うことにより、陰茎をよりいっそう大きくするだけではなく硬くしたり太くしたり、さらに勃起したときのそそり立つようなガチガチ具合を手に入れることができます。

毎日陰茎トレーニングを続けることにより、ジワジワと陰茎のパワーアップを実感できるとおもいます。

陰茎マッサージ

陰茎を大きくするためのマッサージというものもあります。ジェルキングという方法でジェルなどを使って陰茎を丹念にマッサージすることにより陰茎への血流量が増大して陰茎増大に導くというものです。

ジェルキングの具体的な方法としては以下のようになります。まず陰茎を蒸しタオルで温めます。次に陰茎を勃起状態にして、人差し指と親指で輪っかを作るようにしてジェルを使って根元から亀頭側に向かってスライドしていきます。

ポイントしてはスライドするときに根元から血流を流し込むようなイメージで亀頭に向けてスライドしていきます。

陰茎増大クリーム

陰茎を増大するための増大クリームという商品があります。

陰茎の血流を改善する成分が配合されていて、普通のローションより効果的と言われています。陰茎に塗ってマッサージをすることにより血流が増大します。

増大クリームの効果は塗った瞬間に陰茎がすぐにあたたかくなってきます。

この陰茎増大クリームは陰茎増大用のマッサージのジェルキングのときにつかうことにより相乗効果を発揮して陰茎増大へ導いてくれることでしょう。

メンズサプリを使ってみる

メンズサプリには男の自信に必要なシトルリンやアルギニンがふんだんに配合されています。

特に、シトルリンとアルギニンは普段の食生活で取り入れることができないので、メンズサプリを使ってたくさん体内に摂取しましょう。

シトルリンとアルギニンをメンズサプリで効率的にたくさん摂取することにより、男の勇気が湧いてきます!

人知れず不安を抱える男性の活力にはメンズサプリを使うことが一番の近道で確実だと思います。

男の自信を大きくするには

男の自信を大きくしたいのであれば、ペニトレとメンズサプリを同時に使うことがおすすめです。

ペニストレーニングなどの外部の刺激に対して、ペニス成長に必要な栄養素が体内に満たされていれば、みなぎる男の自信につながらないでしょう。

メンズサプリは体の内部に取り入れるものものですが、ペニストレーニングは外部から血流を促進したりペニスを牽引したりするものです。

男の自信効果を高めるためには、ペニストレーニングなどの外部からの刺激と栄養面からのダブルアプローチが大切です。

ミルキングとは

ミルキングというのはその名の通り乳搾りのようなものであり、道具などは必要ありませ年。

ミルキングに期待できる効果はペニスへの血流促進効果により亀頭の増大です。

ミルキングの手順はまずペニスを半分勃起した状態にして、小指から順に握っていって親指まで波を描くように握っていきます。

小指から根元から順に握っていくことにより、ペニスの先である亀頭の先端まで血流を促進することができます。

血流が亀頭まで届くようになることにより、亀頭の成長も期待できますし、カリが高い亀頭になることができます。

亀頭が小さくて悩んでいる人には、この乳搾りの要領で男の自信を大きくしていくミルキングという手法が一番おすすめです。もちろんペニス全体を大きくしたいという人にもお勧めの手法です。

ジェルキングのやり方

ジェルキングというのはローションやジェルなどをつかってペニスの竿部分に圧力をかけていく方法です。

ジェルキングに期待できる効果はペニスを長くしたり、ペニスの血流を促進したりする効果があります。

ジェルキングの手順を解説していきます。まずペニスにローションを塗ります。次にペニスを半勃起状態にします。そしたら次に親指と人差し指で作った輪っかで根元からカリまで絞るようにスライドさせていきます。これの繰り返しです。

ジェルキングというのは増大器具で言うところの真空ポンプに値しますね。ペニスというのは根底部は体の内部にうもれているので、その部分をそとに引っ張り出すイメージでやるといいと思います。

体内に沈んでいる竿の部分を引っ張り出すペニストレーニングがジェルキングです。つまり、ペニスが短くて悩んでいる人にはうってつけといってもいいでしょう。

ジェルキングにもミルキングと同様に血流を促進させる効果も期待できます。

メンズサプリ、増大器具、増大手術の一長一短

男性諸君のみなさんであれば、誰でも一度は男の自信を大きくしたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

ペニスを定規ではかったり、メジャーで太さを測ったり、温泉などで他人のペニスと比べてみたりしたひとは多いのではないでしょうか。

ペニスサイズに自信があれば問題ありませんが、小さかったらペニスのサイズがコンプレックスになってしまうのではないでしょうか。

そしてペニスサイズが小さいと思っても、それをどうやって改善して悩みを克服すればいいのかわかるひとはあまりいないのではないでしょうか。

ペニスサイズに自信がない人のために、どうやったらペニスを一番効率的に、コスト面も安く抑えて、最大限に増大できるのかを紹介していきたいと思います。

まず思いつくのは増大手術だったり、増大器具だったり、メンズサプリなのではないでしょうか。

増大手術のメリットとは

ペニスはサイズアップしたいけど手術はためらいがあると二の足を踏んでしまう人も多いと思います。実際に増大手術とは何をするのでしょうか。

増大手術にはどんなメリットやデメリットがあるのか簡単に解説していきたいと思います。

増大手術というのは一概にペニス全体を大きくするわけではなくて、太さだったり、長さだったり、亀頭だけだったりというジャンルがあります。

ペニスの土台部分である人体を手前に引き出して長くしたり、ペニスにヒアルロン酸を注入してカリ首を大きくしたり太さを大きくしたりというものがあります。

増大手術というのは物理的なものなので、確実に増大できるというメリットがあります。

増大手術自体もヒアルロン酸を注入したりするだけなので、すぐ終わることができますし、入院の必要もありません。

上記がメリットになります。次にデメリットですが、手術には保険が適用されませんので費用がとても高くなります。

簡単なヒアルロン酸注入などのものであれば数万円ですが、メスをいれるようなものであれば数十万円かかってしまいます。

また、手術後に痛みや腫れがでることもあるので、オナニーやセックスなどの性行為全般ができないというデメリットもあります。

増大手術の最大のデメリットは勃起したときのサイズは増大できないというものがあります。

せっかく手術をして、痛みにも耐えたのに、勃起したサイズが変わらなかった何のために手術をしたのかわかりませんよね。

これから手術を検討しているという人は、上記のようなメリットとデメリットがあることをしっかりわかった上で手術をしましょう。

増大器具とは

器具には大別するとポンプタイプと牽引タイプの二つがあります。

ポンプタイプは勃起したペニスに取り付けて、真空状態にして吸引することによりペニス全体に圧力がかかり、海綿体を引き延ばすことができます。

牽引タイプの器具というのはペニスの竿部分を引っ張って増大させるというものです。

これらのメリットは器具を使って直接的にペニスに圧力をかけるので、効果を実感しやすいということがあります。

実際にペニスが目に見えるくらい大きくなるまでには時間がかかるとおもいますが、途中でなんらかのペニスへの刺激を感じることができれば、モチベーションを維持したまま使い続けられると思います。

ポンプタイプのデメリットとしては、短期間で圧力をかけることになるので、ペニスに過度に負荷をかけてしまうということでしょう。

他には、毎日30分以上使い続ける必要があるので、どうしてもめんどくささがでてきてしまうと思います。

牽引タイプのデメリットは装着している時間が長いというものあります。4時間以上は使い続ける必要があります。

睡眠中に装着していると寝返りをしたときに増大器具が外れてしまったりするので、睡眠中はつけないようにしましょう。

つまり、起きているときはほぼすべて増大器具を装着しておくことが大切ということです。他にも安い器具を使うとデメリットがあります。

安い増大器具を使うと、痛いだけで実際に増大できないこともあるのので、安いものを使うのはおすすめしません。

メンズサプリのデメリットとは

メンズサプリのメリットは飲み続けるだけでいいという手軽さとコスト面が安いということがあります。

メンズサプリや精力剤に入っている成分にはビッグな男になる成分がたくさん配合されています。

科学的な根拠がある男の自信成分を厳選しているのです。

用法用量をまもって、飲み過ぎたりしなければ、薬のような副作用の危険性もなく、安心して男の自信を期待できます。

それぞれのサプリによっては、GMP認定された工場で衛生管理や品率管理が行き届いた環境で製造されているので、安全性や品質が高いといえるでしょう。